【joy house】買って損!接続不良ワイヤレスイヤホン”T8″

2018年10月25日

最近はやりのワイヤレスイヤホンがほしくなり、Amazonのタイムセールを見ていたら安いのがあり、ポチりました。

joy house製のワイヤレスイヤホン”T8″という商品です。

早速レビューしたいと思います。

と書いてますが、タイトルが結果なのでスラーっと読み飛ばす程度で大丈夫です。

Amazonの商品値引き戦略

ワイヤレスイヤホンの相場

大体¥20,000円前後です。

(有名メーカーに限ります。)

今や色々なワイヤレスイヤホンがありますね。

様々なメーカーが軒を連ねて商品を出しています。

SONYや、BOSE、Onkyo、Appleなどど、様々です。

もちろん聞いたことないようなメーカーの商品もあり、そこまで含めると相場はもっと下がります。

というのも、¥3,000〜¥7,000と、先ほどに比べるとかなり割安になっています。

Amazonのタイムセール

Amazonのメニューの中にタイムセールというものがあり、普段売られている値段からさらに5〜20%程度値下げして、販売されています。

いろんな商品が掲載それているので見ているだけで面白いです。

値下げとタイムセールとクーポンのコンボで購入

今回購入したワイヤレスイヤホンは

joy house製の”T8″という商品です。

元々の定価が¥25,580というワイヤレスイヤホンの中でもなかなか高額な部類でした。それが元々の値下げで¥6,380に!

さらにタイムセールで¥5,100になり、さらにさらに5%引きのクーポンも使え、¥4,700と、実質84%引きというとんでもない値引率!ここで関西人の血が騒いだのか、「こんなに値引きされてるなら買いやな!」疑いもせず購入しました。

今思えばアホですね。

値引きされるのにはそれなりの理由があるのです。。。

joy house “T8″のレビュー

joy houseとは

このワイヤレスイヤホンのメーカーである「joy house」ですが、ネットで調べても詳しい情報が出てきません。

怪しいですねww

Amazonに本社の場所が載っていました。

上海です。

やはり中華製でしたか。

でも中華製でも最近は良いものも多いので特に気にしません。

付属品

付属品は

イヤホン右、左1つずつ

充電ボックス

MicroUSBケーブル

取扱説明書

といたって普通。

この充電ボックスは携帯の充電にも使えるそうです。便利です。

ちなみにイヤホンを充電するときはこんな感じ。

まぁ、当然の仕様です。

Bluetooth設定

接続がBluetoothですが、直感的に設定できます。

私はiPhoneでの使用でした。

イヤホンをペアリングすると怪しい日本語で、ペアリングできたことをお知らせしてくれます。

実際に使ってみた

タイトルにもありますが、結論から言いますと、最悪でした。

何がダメかというと、音切れがひどい。

屋内外問わずまた、混雑している時、家の中に場合構わず音飛びします。

ワイヤレスイヤホンは電波に弱いため、室内やWi-fiがたくさん通っている場所などでは聞こえにくくなる、という情報を得たので、人通りの少ない屋外でも使ってみましたが、少しは解消されるもののだいぶ気になります。

もちろん、フル充電にしての使用でした。

しかし、調子がいい時もあります。

なので、何かパターンがあるのかと思いましたが、そうでもないです。

突然音飛びします。

さっぱりです。

あと、音質にかなりこだわりのあると言う広告がありましたが、音は普通です。

悪くはないです。

¥2,000程のイヤホン程度の音質にワイヤレス機能を持たせたイメージです。

ですが、そのワイヤレス機能が、残酷なほどダメだと言うわけです。

まとめ

今回はAmazonで買ったワイヤレスイヤホンのレビューをしました。

私が買うと決めた理由はもう1つあって、Amazonでのレビューがかなり良かったのです。しかし☆1つの方々のレビューにはちゃんと、この記事と同じような内容のコメントがありました。

今思えばワイヤレスイヤホンの中でも評価が良すぎでした。

おそらくサクラでしょう。

もっとちゃんと考えて買うべきですね。

皆さんも私みたいに安さに負けて買わないよう気をつけて下さいね。