【実践編】建築未経験から建築事務所に就職する方法

建築業界へ転職するために、実際に取り組んだことを書いています。

建築業界への就職活動〜実践編〜

自分が目指す方向性の決定

ひとえに建築業界といっても様々な建築事務所、ハウスメーカー、工務店、内外創業者、CADオペレーターなど様々な仕事があります。
なので、まずは自信が具体的にどのような仕事をしたいかを決定する必要があります。と、言われても「いや、具体的にはよくわからない。」というのが本音だと思います。

しかし、その部分は職務経歴書を作成するときや、本当にやりたい仕事にありつくため、絶対必要になる部分です。そのためには、建築業界は具体的にどのような仕事があるかを知る必要があります。

一番手っ取り早い方法は、次項で説明するエージェントに全部聞くことです。わからないことは全て教えてくれます。
「いきなり他人任せかよ!!」とおしかりを受けそうですが、実際建築関係の仕事とひとえに言っても、様々な仕事があります。
建築業界で働いていないとわからないような仕事もたくさんあります。

しかし、自分で調べた時はありきたりな仕事内容しか出てきません。細かく書いていたら、応募してくれないような仕事もたくさんあるので、雇う側からすればもちろんです。(一般的な設計の仕事だけではないという事の裏返しでもあるのですが)
なので早めにエージェントを活用しましょう。

転職エージェント

建築業界には”建築エージェント”という建築専業の転職エージェントがあります。
その建築エージェントをいくつか紹介します。

転職エージェント(建築)一覧

  • A-worker
  • アイジス
  • 建設転職ナビ

私の場合、登録はA-workerのみですが、今の就職先を見つけたのは、アイジスでした。建設転職ナビは利用していません。
A-workerに登録すると、クリーク・アンド・リバー社という会社のエージェントが対応してくれます。
私が転職活動を始めた際、エージェントから最初に言われていたのは、建築未経験からいきなり建築事務所に入るのは難しいという事でした。
理由として、実際に未経験の方を雇うことは、企業及び事務所側からすれば、明らかにリスクを背負うことになります。
また企業であると、転職してくる人を一人雇うだけでも結構お金がかかります。なので、企業側も慎重になるのは当然のことです。
ということで、この転職活動は長丁場になります。根気との勝負です。

エージェント活用方法

エージェントは業界調査のプロです。業界に関しての知識はかなり豊富です。漠然とした要望を伝えるだけで、様々なアドバイスであったり、就職先の紹介をしてくれます。(担当者にもよりますが)
自身の転職活動を効率良くするためにも、エージェントに登録した後どのようにすればよいか、どのように活用すればよいかについて書きます。

重要ポイント

エージェントは複数登録する
エージェントに何でも聞く
(可能なら)一度エージェントに会う

  1. エージェントは複数登録する
  2. エージェントは複数登録することをおすすめします。なぜなら、待ち時間が長いからです。
    詳しく説明します。
    私は先ほど申し上げたように1つのエージェントにしか登録していませんでした。私は登録したエージェントに、他のエージェントを利用するつもりはないと
    はっきりと伝えていましたので、かなり一生懸命探してくださったと思います。
    しかし、そもそも建築素人ではなかなか面接もらうことも難しいらしく、またエージェントは当然私一人に時間を割いている暇はないので、就職先が決まりそうな人を優先的に企業、事務所とマッチングします。なので、どうしても対応が後回しになるります。
    結局エージェントが企業を紹介してくれる一回の間隔が長くなってしまいます。
    紹介していただくまでの時間は”待ち”という事になります。その”待ち”時間を埋めるためにも複数のエージェントを利用するほうがいいと思います。
    (※もちろんエージェント任せでなくご自身でも就職を探すことは大前提です。)

  3. エージェントに何でも聞く
  4. 繰り返しになりますが、建築業界への就職に関してわからないことがあれば、何でもエージェントに聞いてください。丁寧に教えてくれます。
    私はエージェントに「なるべく建築や就職に関して不明な点を残さないで就職活動したほうが、スムーズに就職活動ができます。」と言われましたが、私もその通りだと思います。
    わからないことをなるべく無くす事の最大のメリットは、面接の際に相手側の言っていることが理解できるというところにあります。
    これについては、私も実際の面接で実感済みです。
    面接の際にエージェントに教えていただいた内容の話がでたり、単語レベルでも理解できるものが増えたことで、面接自体がスムーズにいきました。

  5. (可能なら)一度エージェントに会う
  6. 可能でしたら一度エージェントに会うのは良いことだと思います。
    電話で長々と話するよりも、会って聞いたほうがわかりやすいこともありますし、エージェント側も色々資料を持っているので、図や絵など視覚的に入ってくる情報も用いて教えてもらえます。
    私は登録してすぐに会いました。就職活動始めて早い段階で、必要な情報を得られたのは大きかったと思います。

企業、事務所探し

新卒の就職活動と特に変わりありません。マイナビやエン転職など、一般的な就活サイトでも建築事務所は検索できますので、どんどん活用しましょう。
結局私は、今の事務所はエージェントからの紹介でなく、就活サイトからの自己応募でした。根気よく探せば、自分に合う企業や、事務所は必ずあります。

ちなみに私は、検索ワード

”意匠設計事務所 未経験”

でひたすら検索していました。

就職が決まらない場合

  • 建築関係の就職がどうしても決まらない
  • 内定はもらったが、かなり妥協していて正直行きたくない

という場合も考えられます。

実際私も工務店でしたらいくつか審査通過したものはありました。しかし、どうしても建築意匠関係の仕事をしたかったので、
全てお断りしました。私はあまり妥協したくなかったのでそのような選択を取りました。
では本当に決まらない場合はどうすればいいかですが、2つ方法があります。

建築関係のアルバイトをする

やはり建築業界は実務経験がものをいう世界です。実際に他業界から建築業界へ就職する際に、建築実務未経験というところがかなりネックになります。
しかし建築事務所などでも、アルバイトならまだ門戸を広く取ってくれているところも多く、またCADオペレーターとかでもCADを触りながら建築実務を経験することができます。なので、ご自身のやりたいことの近いアルバイトを探すというのも一つの手段です。

もちろんこのアルバイトについても建築エージェントに相談すれば、いくつか紹介してくれます。

実際、実務経験は学歴よりも重視されます。また、アルバイトなら、建築関係の仕事に就けるハードルが低くなります。
もし、就職が決まらない場合は、アルバイトで実務経験を積むという選択肢を、積極的に活用していきましょう。

工務店で働く

建築未経験でも工務店での現場監督や、実施設計でしたら、就職先は結構あるみたいです。工務店は建築のあらゆる業種の経験ができることに加え、給料がかなりいいです。

なので、とりあえず工務店に就職して、経験をつけて、またお金に余裕を持たせてから、ある程度時期を経てもう一度転職するというのも、一つの手段だと思います。

しかし、もし、工務店への就職が妥協となるのであれば、業務内容として、本当に自分がしたいこと以外の仕事が多くなるため、少し我慢をしなくてはいけなくなる可能性があることです。
その場合は、実務経験をつけるための準備期間であると割り切れるかどうかが重要になります。

まとめ

以上、実践編でした。
私がこの就職活動を通して、感じ取った感覚としては、当然ですが、何かしら結構頑張らなくてはいけないことです。

私の場合は、正直仕事探しはエージェントと自分で調べるのは半々くらいでしたが。しかし、準備編で記述した勉強については、結構頑張っていました。
実際面接でも勉強していたおかげて話せたことなどもたくさんあるので、数うちゃ当たる方式で、たくさんの企業を受けるよりかは、自分のやりたい仕事だけに絞って、空き時間に勉強して、少しでも自分をアピールできるネタを増やすほうが、有意義だと思います。

建築業界への転職は様々なアプローチ方法があります。

  • 資格を取ってから仕事を探す方法
  • 自分のやりたい仕事にいきなり就職する方法
  • 一度職種問わず建築業界に就職して実績を積み、何年後か自分が本当にしたい仕事へもう一度転職する方法

なので、今転職がうまくいかなくても、やり方を変えてみたり、時期をずらしてみる、とりあえず経験を積むなど、様々な方法があるので、焦らなくて大丈夫です。

めげずに頑張っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です