【京王井の頭線 高井戸 温泉】駅チカゆったり”高井戸天然温泉美しの湯”

京王井の頭線高井戸駅から徒歩5分圏内にある”美しの湯”。ビルの中にあるこの温泉施設はまさに都会の喧騒の中にあるオアシス的存在です。
会社帰り、都心であそんでその帰りに寄るのがピッタリな温泉を紹介したいと思います。

温泉の魅力

露天風呂

この”美しの湯”の露天風呂は自分が今どこにいるかを忘れさせてくれる場所です。露天風呂を囲っている高い壁の上から、また湯船の周りなどそこら中から草木がのぞき、ビルの中にある温泉施設であるのにも関わらず、本当に今自分がどこにいるかわからなくさせてくれます。温泉というもともとが気持ちよいものにその不思議な感覚も相まってついつい長居してしまうのがこの温泉の特徴でしょうか。
広さもそれなりにあります。私は休日の夜7時~8時にかけて利用した際、結構込み合っていましたが普通は入れる(むしろ余裕がある)くらいの広さです。

参照:http://utsukushi-yu.com/facility.html

参照:http://utsukushi-yu.com/facility.html

参照:http://utsukushi-yu.com/facility.html

参照:http://utsukushi-yu.com/facility.html
夜の雰囲気は格別です。点在している暖かい光と黄金色の天然温泉の組み合わせは温泉旅館を彷彿させられます。

天然温泉

こちらの温泉は「ナトリウムー塩化物強塩温泉」です。・・・といってもよくわからないので、簡単に言うとお湯の色が琥珀色の温泉です。琥珀色も様々ありますが、外から見ればほぼ茶色の温泉です。

参照:http://utsukushi-yu.com/facility.html
名前だけ見ると結構アルカリ性が強そうな感じがしますが、ph8.6とそこまで強いアルカリ性ではありません。
塩化物系の温泉の良いところは体の内部のケガ(打撲、打身、関節痛)や婦人病に効くところです。

温泉ご飯

温泉には欠かせない要素、それは温泉ご飯です。温泉でゆっくり疲れを取った後に食べる温泉ご飯は最高です。それでは”美しの湯”のメニューです。

メニューはそこまで多くなくごく一般的なものですが、他の温泉に比べれば価格が安いです。これはポイントです。
そして私が注文したのはこちら。

味噌カツどんです。
サクッとしたかつに味噌の旨味があいまってめちゃくちゃおいしかったです!

以下食堂内観です。


食堂は天井が高くて気持ちのいい空間です。

休憩スペースも食堂に併設されています。

施設情報

営業時間

9:30〜24:00(最終受付23:30)

料金

・平日
大人:950円 (22時以降720円)
子ども:720円

・土日祝
大人:1200円 (22時以降920円)
子ども:1000円 (22時以降920円)

(フィットネス、プール、会員料金など以下をご参照ください。)
美しの湯 料金・営業時間

アクセス

・電車
京王井の頭線 高井戸駅より徒歩2分

・車
駐車場あり(150台)

まとめ

都会のオアシス”美しの湯”を紹介しました。実は先ほどの食堂ですが一的には地下1階にあります。しかし窓から外が見えるようになっていて、もちろんビル群は見えないように工夫されています。そういうところにも都会のオアシス的気遣いが見られました。
一度こちらの施設に足を踏み入れると本当に帰りたくなくなりますよ?(笑)
是非一度足を運んでみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です