【西東京 高尾 温泉】高尾山帰りに最高!京王高尾山温泉”極楽湯”


京王高尾山口駅から直結している”極楽湯”。
まさに登山の疲れをいやしてくれる温泉です。

極楽湯の魅力

何といっても露天風呂が最高です。
山に囲まれた雰囲気は格別です。
日中に訪れると露天風呂から山が見え、夜に訪れると露天風呂が少しライトアップされ、
建物の木の感触や石の感じが程よく浮き出てきてリラックスできます。

次に炭酸泉です。
こちらも露天風呂になりますが、水温がちょうどよい感じです。
炭酸泉は水温が高い(体感で熱いと感じるくらい)だと温泉に溶け込んでいる炭酸が抜けてしまい、
炭酸泉特有の”保温”、”疲労回復”効果があまり期待できません。
しかしこちらの炭酸泉は適度な水温で何と言っても入っていて気持ちがいいです。
これもこの温泉の魅力の一つだと思います。

温泉の中身

既にいくつか紹介してしまいましたが、改めて紹介します。

  • 天然温泉 露天岩風呂

  • 参照:http://www.takaosan-onsen.jp/
    こちらはこの温泉のメインとも言える天然温泉 露天岩風呂です。
    下側の少し広いのがぬる湯で少し上がってるのがあつ湯です。
    こちらが天然温泉ですのでぬるぬるした泉質を体験できます。

  • 露天炭酸石張り風呂

  • 参照:http://www.takaosan-onsen.jp/
    冒頭で紹介した炭酸風呂です。
    およそ12人ほどは入れますが、気持ちいいこともあって混みやすいです。

  • 檜風呂(マイクロバブル

  • 参照:http://www.takaosan-onsen.jp/
    個人的おススメでもあるマイクロバブルです。
    先ほどの炭酸泉は血行促進の効果がありますが、こちらは肌の細かな汚れを落としてくれます。
    こちらも熱すぎずぬるすぎず、ちょうど入りやすい水温なので、炭酸泉と違って
    血行が良くなり体が暖かくなってくることもないので、長時間入れます。

温泉ご飯

食事スペースはけっこう広いですが、かなり雑多な印象です。

メニューはかなり多いです。
蕎麦や、定食などの日本食多めですが、中華、オムライスなどの洋食、おつまみメニューなども豊富です。
(全て撮りましたが多すぎたので一部抜粋します。)

・御膳系


・ご飯もの(丼もの)


・C&Cのカレー


・麺類


・サラダ

私は牛タン御膳を食べましたがおいしかったです。
山で疲れた後に食べるご飯は最高ですよ。

このほかおつまみやデザート、アルコール類もそろっていますよ。

泉質

・アルカリ性単純温泉
アルカリ性単純温泉は、お湯が少しぬめぬめする一般的に美人の湯と呼ばれるものです。
このおかげで風呂上りは肌がつるつるになります。
しかし長続きはしませんでした。
また、温泉内の床が滑るので要注意です。

営業時間

8:00~23:00(最終受付22:00)
年中無休

アクセス

  • 電車・徒歩
  • 京王線 高尾山口駅下車
    徒歩1分
    駅の中に道案内があります。
    初めて訪れる際にも迷うことはほとんどないかと思います。

  • 駐車場は110台ほどありあます。
    満車でも駅前駐車場もあるので、駐車が困難になるのは年末年始くらいかと思います。
    また温泉の駐車場は3時間無料です。

料金

大人:1000円(繁忙期 1200円)
子ども(4歳~小学生):500円(繁忙期 600円)
※3歳以下無料

販売フェイスタオル:200円
レンタルバスタオル:200円
タオルセット:350円

その他施設内の写真


受付


売店

まとめ

いかがでしたでしょうか。
高尾山の登山者のためにあるような温泉です。
しかし、高尾山口駅にはトリックアート美術館や、
蕎麦屋などもたくさんあり、そのついでに温泉に寄るだけでも
かなり楽しめるかと思います。

余談ですがこの高尾山口駅の駅舎は新国立競技場の設計を担当していることでも有名な、
建築家の隈研吾さんの設計になります。

都会の喧騒から離れた山の麓の温泉に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です