【西東京 国立温泉 湯楽の里】ゆーゆアワードにも選ばれた噂の温泉

温泉チェーンの中でも関東では店舗数の多い湯楽の里。その中でも2015年に「ゆーゆアワード2015」で第3位に選ばれた国立温泉湯楽の里が想像以上に良かったので今日はその紹介をします。

温泉の魅力

多摩川沿いにあるフレスポ国立南店の一角にこの温泉はあります。富士山の見えるこの立地に温泉を持ってくるあたり湯楽の里の中でものこの施設に対する本気度合いがうかがえます。そんな本気の施設の魅力を上げます。

展望露天風呂

本気の立地の本気の露天風呂。やはり最高の一言に尽きます。多摩川に面する露天風呂は運が良ければ富士山が見えます(私が行ったときは曇りでみえませんでした。。。。)。

(参照:国立温泉湯楽の里HP)
天然温泉の湯舟は上の湯と下の湯がありますが、下の湯は少し温度が体温より少しだけ熱いくらいなので長風呂できます。私は富士山が見えない状態でも露天風呂のみで20分以上浸かっていました。温泉は少し黄味をを帯びたナトリウム―塩化物泉で、体の保温効果に加えて関節痛、打身、婦人病など体の内側の不調に効きます。上の湯は加熱なし、加水なしなので源泉かけ流しでかなり贅沢な温泉です。
少しのぼせてしまったら寝湯でごろんと休憩。体が冷えてきたらまた温泉へ。露天風呂だけで大変満足感の高い温泉施設です。
(泉質を載せておきます↓↓)

高濃度炭酸風呂

内湯に高濃度炭酸風呂があります。炭酸風呂はお湯に溶け込んでいる炭酸ガスが外に出て行かないように約37℃に設定されています。この温度は体にとっても大変気持ちの良い温度でその上弱酸性のこの炭酸泉では毛穴を引き締める効果、体の保温効果、血流を良くして体の老廃物を除去する効果があります。大体入浴の目安は10分~15分です。体の疲労がたまっている時などにおススメです。

温泉ご飯


(夕方頃から大盛況です)

温泉で重要な要素のうちの一つ、温泉ご飯。湯楽の里はメニューが多いのでどの店舗に行っても毎回迷います。それでは以下メニューです。




今回はとんかつ定食を食べました。

サックサクで中はジューシー!!めちゃくちゃおいしかったです!!

その他施設内観

  • 休憩処


  • 雑誌、マンガもありますが大体有名どころだけです。

  • 売店コーナー
  • 施設情報

    営業時間

    9時~深夜1時(最終受付24時)

    料金

    ・大人
    平日:870円
    土日・特定日:980円
    ・子ども(小学生以下)
    平日:430円
    土日・特定日:530円
    精算:リストバンド方式で館内一括精算/クレジットカード可

    アクセス

    • 電車
    • JR南武線「矢川駅」、多摩モノレール「万願寺駅」各駅より徒歩約15分。いずみ大通り沿い。
      私の場合行きは万願寺駅から歩き、帰りは矢川駅まで歩きました。万願寺駅から行く最中多摩川を渡ることになりそれも楽しいです。時間を気にすることなく温泉へ向かう事が出来ます。

    • 国道20号(甲州街道)「国立インター入口」交差点を八王子方面へ曲がる。
      ミニストップ付近で側道へ入り「石田大橋北」交差点を右折、直進約300m左側「フレスポ国立南」内

    • バス
    • ①JR国立駅南口、もしくはJR矢川駅北口より「国立操車場行き」乗車、終点「国立操車場」下車目の前。
      ②JR国立駅南口、もしくはJR矢川駅北口より「国立泉団地」行き乗車、「国立泉団地入口」下車、
      道路を挟んで右斜め前「フレスポ国立南」内

    まとめ

    ゆーゆアワード2015第3位に選ばれた温泉であるという事で国立温泉湯楽の里へ行ってきましたが、そのアワードにふさわしい空間がそこにはありました。何と言っても露天風呂は最高です。ここでは語りつくせない素晴らしさがあります。まだまだ露天風呂では特等席的な位置とかも紹介したかったですが、それは行って確かめてみてください。(きっとすぐにわかります。)

    (食事処からの景色)
    川沿いという事もあって温泉の周りもごちゃごちゃしてなくて温泉を楽しむことに集中できます。夕暮れも最高ですよ!!温泉好きにはもちろんそうでない方でも心安らげると思います。是非行ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です