【未経験から建築士になりたい方】おすすめの資格は「インテリアコーディネーター」

「建築業界に転職したい!」
「幅広く建築の勉強がしたい!」
「でも何の勉強から始めたらいいかわからない」
「建築士の勉強するにしても、学校通い直さないといけないし。。」

他業界から転職して、建築業界で働きたいと志した人が最初にぶつかる壁だと思います。

すぐに専門学校へ通えたらいいのですが、
時期的な問題や、お金の問題ですぐには通えないこともあるでしょう。

それでも取り合えず何でもいいから建築の勉強がしたい!
という方にオススメしたい資格があります。

インテリアコーディネーターです。

建築関係の仕事と絡ませながら、
なぜインテリアコーディネーターを勉強することがオススメなのかを説明していこうと思います。

建築関係の勉強にはインテリアコーディネーター

インテリアコーディネーター資格試験とは

インテリアコーディネーターは、
「住まい手にとって快適な住空間を作るために
適切な提言・助言を行う当協会(公益社団法人 インテリア産業協会)が資格認定する
専門職です。」
(インテリアコーディネーターHP引用)
とHPには書かれています。

出題範囲としては以下の通りです。

  • インテリア販売
  • インテリア販売
  • インテリアの歴史
  • インテリア計画
  • 色彩と造形
  • 家具
  • ウィンドウトリートメント
  • 各種エレメント
  • 構造・構法
  • 材料
  • 環境工学
  • 住宅設備
  • 照明
  • 表現技法
  • 建築関連法規
  • 消費者関連法規

結構多くてよくわからないですが、大きく分けると、

  • インテリア関係
  • 建築関係

に分類されます。

インテリアコーディネーターと聞けば、
「部屋のインテリアの配置や、家具についての資格じゃないの?」
と思われるかもしれません。
実際にその様な内容も学習しますが、これば、しっかりと建築の分野を網羅した資格試験といえます。

例えば、インテリアコーディネーター資格試験なのに、
住宅の基礎の部分の名称や、コンクリートの性質、建築関連法規関連。
また、木造建築の組み立て方法や、建築史まで覚えなくてはなりません。
なので、幅広く建築の知識を網羅することができます。

建築事務所で働いていて役に立ったこと


(↑インテリアコーディネーター2次試験の製図課題)

私自身インテリアコーディネーターの勉強してる最中に建築事務所で働き始めましたが、
実際インテリアコーディネータの勉強していたおかげで、
専門的な用語の意味が分かったり、指示されたことの内容がわかるなど、
メリットはたくさんありました。

恐らくその勉強をしていなかったら、
仕事の理解スピードが本当に遅くなっていただろうと思います。

なぜ、インテリアコーディネーター資格試験の勉強が、
建築事務所での仕事に役に立つかといえば、
それはインテリアコーディネーターの仕事の進め方と、
建築家の仕事の進め方がそこまで大きく違わないからだと思います。

建物のハード的な部分を設計するのが建築家の仕事なら、
建物内部のインテリア、つまりソフト的な部分の設計は
インテリアコーディネーターの仕事となります。

つまりこの二つの職業は対象にするものが違えど、似通っているのです。

建築家として、お客様との打合せの際などに、建築の話のみだけでなく、インテリアについての話もすると、
会話の幅が広がり、お客様と打ち解けるのに手助けしてくれます。
インテリアは一般のお客様にとっては建築よりも余程身近なものであります。
なのでこの話ができるのは、インテリアコーディネーターを勉強した方のみのメリットとも言えます。

まとめ

実際私はこの資格試験を受けてみて、
幅広い知識が必要なため、試験自体は手こずりましたが、
終わってみれば、その知識の幅の広さが、
建築関係の仕事にかなり役立っています。

今建築や、インテリアとは全く関係のない職種に就いていて
これから、その業界を目指される方、
または、学生の方も一度受けてみてはいかがでしょうか。