【2018年保存版】mouseコンピュータ”m-Book J350SN-M2SH5″のレビュー

最近ではノートパソコンを買い替えようとしても、

―――色々出すぎてよくわからん。

という事はないですか?

―――パソコンに関してよく知らないけど失敗はしたくない

おススメはマウスコンピューター”m-Book J350SN-M2SH5-C”です。

マウスコンピューターとは

2006年創業のまだ新しいパソコンメーカー。最近では乃木坂46をCMで起用したことで注目を集めています。
BTO(Build To Order:カスタムオーダーの通信販売)、直売店での販売を主としてます。
現在では家電量販店での取り扱いもありますが、やはりホームページでの注文がいいと思います。
(私は秋葉原の直売店で購入しました。)

ホームページだとカスタムオーダーとなるので、いろいろ選べますが、私は正直何がいいのかわかりませんでした。
なので、パソコンで動画編集やゲームをしないのであれば、m-book Jシリーズというものを選んでおけば
間違いないです。

m-Book J350SN-M2SH5-C

仕様は以下の通りです。


(マウスコンピューター HPより引用)

仕様

これはモバイルノート”m-book”の中の”Jシリーズ”というものにあたります。
その中でも私はCPUが”Core i 5”のSSDモデルを選びました。
私が選んだモデルは一般のモバイルノートの中ではスペックは高めです。
普段使用ではメモリを4Gにしたり、SSDを256Gにして、価格を抑えても大丈夫です。

価格

大体価格帯としては¥85,000∼¥110,000といったところです。
私はmicrosoft officeをオプションで付けたので¥128,421とと少々高くなりました。

外観デザイン

外観デザインはプラスチックボディで冷たい感じもなく、白を基調とし、表面はヘアライン仕上げが施されています。
芸が細かいです。


(ヘアライン仕上げというのは”髪の毛のように細い線”が横にたくさん入っている仕上げ方法のことです。東京メトロなど鉄道のボディ表面にも採用されています。)

標準搭載

  • USBポート3.1 3ヶ
  • Webカメラ
  • マイク入力
  • イヤホンジャック
  • SDカード差込口
  • HDMI端子
  • LAN端子


(右側面)


(左側面)

まぁ普通のノートパソコンと変わる部分はありません。しかしタッチパネル仕様ではありません。
私は「タッチパネル機能つけて値段が高くなるくらいなら、無しで安く買いたい」という考えでしたので、私にとってはありがたいとスペックです。

(2019年1月2日追記)
このパソコンで作図もできます。実際に以下のソフトを使用しています。

  • ドラフトサイト
  • JW_CAD

CPUもCore i 5でメモリも8Gなので、2DのCADソフトでしたら問題なく利用できます。
しかし3DCADの使用となると、このパソコンはグラフィックボードが搭載されていないので、難しいと思います。

メリット

使用するメリットとしては、以下のようなことがあります。

  1. 処理速度の速さ
  2. キータッチ音が小さい
  3. 国内生産で高品質性能
  4. 充実したサポート

一つずつ詳しく見ていきましょう。

  1. 処理速度の速さ
  2. CPUがCore i 5でSSD搭載なので処理速度がかなり早い!
    すごくサクサク操作ができます。画像編集していても、動画を見ていても記事を書いていても、パソコンの動作がカクカクすることは、ほとんどありません。快適です。

  3. キータッチ音が小さい
  4. キータッチ音ですが、静かです。ほとんど気にならないです。割と上品な部類に入るかと思います。

  5. 国内生産で高品質性能
  6. 品質に関して言えばマウスコンピューターは国内生産です。長野県飯山市で製造が行われています。
    外国で作られているパソコンだと、搬送の際に/故障するリスクも大きいです。
    (初期不良に繋がります)
    またパソコン製造時の検査基準をだいぶ高くしているので、パーツ一つ一つの品質を入念にチェックされます。
    パソコンの品質基準を高度に保っているので、故障などが少ないです。

  7. 充実したサポート
  8. 最後にマウスコンピュータはサポートが非常に充実しています。

    オプションで色々選択できますが、私は極力サポートにお金をかけない性分なので、最低限で、1年間の故障保障しかつけていません。
    しかし、マウスコンピュータユーザーであったら誰でも24H電話サポートが受けられます。
    大体パソコンの設定していて、夜とかに調子が悪くなった時とかに他のメーカーのサポートは時間外であったりします。
    しかしマウスコンピュータですとその場で、オペレーターに不調の相談ができるので、タイムラグが無く助かります。

デメリット

デメリットは以下のようなことが挙げられます。

  1. 重量が1.4㎏少し重い
  2. 13.3型で持ち運ぶには少し大きい
  3. バッテリーの持ちが良くはない

m-Book J370SN-M2SH2はミドルクラスのモバイルノートなので、モバイルノートといえど、まあまあな存在感です。

それゆえ重量は正直重いです。私はよく外に持ち出して使っていますが1日外に持ち出すだけで、腰と肩が痛くなります。
13.3型であると、少し大きめのカバンでないと入らないという問題もあります。

あと強いてあげるなら、バッテリーが8.1時間とそんなに良くないです。(悪くもないですが)
最近のモバイルノートですと、10時間越えとかいっぱい出ていますので、それに比べれば少し劣るのかなという印象です。
しかし私自身外出先でよく使いますが、特にバッテリーが切れるのが早いなどという印象はないです。普通に使えます。

まとめ

マウスコンピューターについての評価を書いてきました。
総じて言えることは、「目立ったデメリットが無く、非常に使いやすいモバイルノート」といった印象です。
同じようなスペックで他社のノートパソコンを購入すれば、普通に15万円は越えてくるので、そういう意味でも、安い買い物であった思います。
かなり満足しています。

パソコン買い換えの検討をしている方、またパソコン初心者で何を買えばいいかわからない方は、是非1台手に取ってみてはいかがですか?
(以下にリンクを付けときます)

以上マウスコンピュータm-Book J350SN-M2SH5-Cのレビューでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です