【ニトリ】シンク下ワイヤーラック使い方

2018年10月25日

以前、キッチン収納の参考のために
IKEAへ行った際、帰りにニトリにも寄って、
キッチンの収納に使えそうなものを
買ってきました。

こちらです!

f:id:yoneyonekun:20180831005124j:image
シンク下ワイヤーラックです!
(¥2490)

シンク下収納が引き出し型でないのに、
割と広めなので、しっかりと段に分けて、
重ね置き出来るようにしたく購入しました。

実際に取り付けてみました。

f:id:yoneyonekun:20180831010033j:image
ワイヤーラックを置くだけで収納のデッドスペースが少なくなり、収納できる量もそれなりに増えました。

写真では取り敢えず設置しただけで、
収納物がまとまってませんので、
それはおいおい考えていきます。。

ここで、ちょっとだけ
裏技!
f:id:yoneyonekun:20180831010546j:image

ここの側板の部分ですが、本来床板用として付属されてる部品の一つを使っています。

 

f:id:yoneyonekun:20180831010806j:image
(↑付属の床板フレーム)

これを側のフレームに引っ掛けて、針金で留めます。

f:id:yoneyonekun:20180831011017j:image
(↑なるべく上部で締結して下さい。)
この針金は先ほどの床板を、梱包の際にまとめるために使われているので、もともと商品に付属されています。

この側板がなければ、側面がかなりスカスカで、普通に使い勝手悪いです。 f:id:yoneyonekun:20180831011611j:image
(↑こんな感じに食器がフレームの間から飛び出してしまう。)

なので、
側板を取り付ける事をオススメします!
付属の針金で取り付けられて簡単ですし!

このワイヤーラックの他ににフライパンも
床下収納グッズを使って、高さ方向の空間を
活用して収納しています。

f:id:yoneyonekun:20180831012741j:image
こちらは以前から持っているニトリの
シンク下伸縮ラック2段です。

f:id:yoneyonekun:20180902154946j:image
(値段¥1490)

これを使う事で、
フライパンがかさばることなく、
なおかつ横置きで収納することができます。
引き出し型の収納の場合、

縦置きでフライパンを
収納してる例などはよく見ますが、
引き出し型ではなくても、
高さ方向のデッドスペースをうまく使えば
キレイにフライパンも収納できます。

今回はシンク下収納の紹介をしました。

収納が引き出し型でない場合、
収納を何段かに分けて
デッドスペースを減らせば、
収納を広く使えるので、
ぜひ試しめみて下さい!

それでは、今回はこの辺で。