某携帯会社営業成績全国1位による人脈生成術

2018年12月9日

以前ブログで紹介した、某携帯会社営業成績1位の一流営業マンから、
人脈の作り方も教わりました。

正直少し特殊な方法ですが、人脈を作る際の心構えが大変参考になります。

一流営業マンの人脈生成術

一流営業マンとなった友人が行なっている人脈生成術といえば、
それは、

初めて食事する人の飲食費を全員分奢る(先輩、上司含む)

一見失礼にも取れる行動ですが、理由を聞けば納得です。

一流の営業マンとなれば、時間を大切にします。
もちろん自分の時間もそうですが、それよりも相手の時間を大切にします。

彼はわざわざ自分のために時間を割いてくれる方々に感謝の意を込めて、お金出させて頂いている。

つまり相手の貴重な時間を買うという考え方です。

そうすれば、相手は印象に残るし、「この前お金出してもらったから、次はお金出すよ」、
というふうに自然と持ちつ持たれつの関係を形成することができます。

今、彼は映像編集と写真家の仕事をしているのですが、彼がしている仕事は、
先ほどの方法で方法で関係を築いた人たちからの紹介がほとんどらしいです。

仕事を自分で取ってこようと思ったら、やはりうまい人間関係構築が必要らしいです。

相手の時間を大切にという考え方は、仕事でも応用していて、
携帯電話の営業の際は、わざわざ携帯ショップまで来て携帯を買おうとしてくれてるので、
お客様の、その労力と時間を無駄にしてはいけないと意識していたそうです。

このように、相手の時間を大切にするという考え方はあらゆるシチュエーションで使えます。

その人脈はどう使うの?

人脈は全て仕事につながります。

ある意味それは全てお金となって帰ってきます。

仕事をするために人脈を使います。

少し彼の今について書きます。

若くで営業マンとしてはトップに上り詰めた彼は、
次は自分のために時間を使いたいと考えて、早々に会社を辞めます。

辞めた後は1年ほど日本を放浪していました。

その際も人脈生成は手を抜いておらず、日本各地で
上記の方法を用いて人脈を増やしていきます。

放浪中に訪れた各地の絶景を動画や写真で残したいと考えて、
今はカメラマン、および動画編集の仕事をフリーランスでやっています。

フリーランスという事ですが、仕事をもらうのは
全て彼の築いた人間関係の中からです。

人脈があると、
自分が本当にしたいことをするときに
困ったりしたら、誰かしら助けてくれます。

彼の場合は、カメラ歴は長く、それなりにカメラマンとしては
単発で仕事をもらえるみたいですが、動画編集については初心者です。

しかし、自身の経験をつけるため、スキルをつけるための練習台にしていいからと、
仕事をくれる方もいらっしゃるそうです。

その様な人脈からの恩恵を受けながら、
着々と動画編集スキルを磨いている最中だそうです。

お金よりやりがい

今、彼は周りにいる人から、少しずつ仕事をもらってはいますが、
収入は全盛期とは比べものにならないくらい落ちました。

しかし、不思議と今が一番楽しいと言っています。

やはり、お金よりやりがいが大切だそうです。

自分がやりたいと思っていることに打ち込んでいるときは、
全く疲れを感じないと言っています。

幸せはお金に比例するものではないと改めて感じさせられました。

深いです。

まとめ

いかがでしょうか。

人脈を作っていいくことで、より自分がしたいことに対して
アプローチしやすくなりますし、
困難に陥った時の助けにもなります。

人脈生成術に関しては少し奇抜な発想かもしれませんが、
相手の時間の対価として、お金を払うと考えたら自然な流れの様にも思えます。

いい人脈は自分の生活の質を向上してくれます。

そのための方法として参考にしてみてはいかがでしょうか。

雑記

Posted by yoneyonekun