脱サラして建築業界目指すのに知っておいた方がいい事

2018年10月25日

先日の建築エージェントの話を聞いたという記事を書いたので、
その続きを書きたいと思います。

エージェントとの話の中で、本当にためになったことについて書いていきます。
おそらく建築業界の方、もしくは建築系の学校に通っている方からしたら、
当たり前の内容になると思いますが、

「建築のこと全く知らないが建築士を目指したい」
「建築系の学校出ていないけど、建築業界で仕事をしたい」


というような人には本当に参考になると思います。

それでは本文に入っていきましょう。

 

・建築事務所の種類

世間一般に”建築設計事務所”と言われるものは、
実は3種類あります。

・意匠設計事務所(アトリエ)
・設備設計事務所
・構造設計事務所

そしてそれぞれの設計事務所の役割としては、

意匠設計→建築物のデザインを決定する。
クライアントは、普通の戸建てから
カフェ、アパレル、クリニックと幅広く
小規模の建築の意匠設計を受け持ちます。
設備設計→建築物に対して、配管、空調、電気、水道管などを設計する。
構造設計→建築デザインに対して、梁や柱が構造的に地震や、荷重に耐えられるかについて、
解析などを用いて、検討する。

というように分かれています。

私も勘違いしていたのですが、上記3種類の設計を
一つの設計事務所で行うことはあまりなく、
(大きな設計事務所であれば、組織分けを行うことで、
すべての設計を行っているところもある。)
それぞれに特化した設計事務所が設計を行うイメージとなる。

そのため、1つの建築事務所は大体4,5人の少数精鋭であり、
1人で設計事務所を持たれている建築士も少なくない。

・建築事務所での仕事の流れ

次にクライアントが設計事務所に建物についての相談をして、
建つまでの流れをまとめます。
(先にしたの図を見ていただくと分かりやすいかもしれません。)

 

一般的にクライアントが相談する建築事務所というのは、意匠設計事務所になります。
意匠設計事務所で、建てて欲しい建築物の要望を出し、意匠設計事務所の建築士は
その要望に対して、基本設計を進めていき、クライアントとの打ち合わせを通して、決定していきます。
(※基本設計=建築物の概要に対しての設計。クライアントが目で見てっ見える部分についての設計を指す。)

 

そして、デザイン案がある程度決定してくる段階で。
デザイン案に対する設備関係の基本設計を、設備設計事務所へ、
構造関係の詳細設計を構造設計事務所にそれぞれ依頼します。
意匠設計事務所でも、材質、仕上げ方法などを詰めていきます。

 

そして、意匠設計事務所で、設備設計と構造設計の情報を踏襲し、
デザイン案に対する基本設計を完成させます。

 

そして、完成した基本設計ををもって、工務店に施工を依頼します。
工務店で、基本設計図から実施設計図を作り、施工が着手されます。
施工が始まると、進捗計画通りに建設が行われているかの施工管理が行われ、
納期に間に合うよう、建設が行われていきます。

f:id:yoneyonekun:20180907122752j:plain
(建築事務所及び工務店の相関図)

 

・建築事務所とハウスメーカーの違い

ハウスメーカーという言葉もよく耳にするかと思います。
しかしハウスメーカーと建築事務所の違いはイマイチピンときません。

そこで、その違いについて、少し探っていきたいと思います。

違いを明確にするため、意匠設計事務所とハウスメーカーで比較したいと思います。

 

意匠設計事務所
・クライアント : 一般の方、地方自治体(国からの依頼もある)
・扱う建築物 : 戸建て、カフェ、
クリニック、規模の大きくない公共施設など。
(戸建のみなど一つに絞っている事務所もある)
・従業員 : 4,5人
・備考 : 案件は1人で年間4,5件をまわす。
基本的に低賃金。
(1案件に対する、設計事務所の取り分が1割程度と少ないため)
福利厚生は充実していない事務所が多い

 

ハウスメーカー
・クライアント : 一般の方
・扱う建築物 : 戸建て、リフォームに特化
・従業員 : 20〜50人、またはそれ以上
・備考 : 基本設計のみ行い、詳細はCADオペレーターに依頼。
自社で施工もできる。
設計事務所より給料は高い。
就職後はまず現場の施工管理に配属され、家がどう建つかの勉強ができる。

 

以上がエージェントに教えてもらった、
建築設計事務所と、ハウスメーカーの
大まかな違いです。

・まとめ

今回、建築エージェントと就活の打ち合わせをした事で、
建築事務所は割と分業制なので、自分のやりたい設計についてのアプローチをかけやすい事がわかりました。

 

また、これらの情報は私が意匠設計をしたいと言うことを伝えた上で、エージェントから教えてもらった情報です。
ですので希望する設計によって多少解釈に違いがあるかと思いますが、
建築方面の就職を希望する取っ掛かりとしては、
重要な知識だと思うので、良かったら参考にして下さい。

 

また、最後になりましたが、私が今回使用しているエージェントは、
クリーク・アンド・リバー社
です!

 

以上、脱サラして、建築業界を目指すのに
知っておいたほうがいい事でした!